気分転換の方法

悩み続けてしまう時ってありますよね。

解決手段が出そうだったり、悩みきってすっきりするのであれば、たまにはそれも良いです。

ですが、もし体調を崩す程悩むのであればご自分の為に少し気分転換をしてあげて、一度休ませてあげませんか?

また少し元気になってから悩んでも遅くはないですし、気力・体力が戻ってからのほうが解決しそうだとは思いませんか?

気分転換の方法をまとめました。

ただし、気分転換もやり過ぎると抜け出せなくなりますので、その点は注意してください。

①その問題から離れて、気分を紛らわす。

1.活動する:読書、運動、趣味、掃除、英会話、コンサート、友達と会う、しばらく会っていない友人に電話をする

2.誰かの役に立つ:ボランティア

3.他の感情で置き換える:音楽を聴く、感動的な映画を観る

4.思考:数を数える、100から7をひいていく、足し算をする、クロスワードパズルをする、冗談を言う、ゲームで遊ぶ、コインを50枚投げて1枚ずつ数えてながら拾っていく

②心を落ち着かせる

1.視覚:花を見る

2.聴覚:音楽・ラジオを聴く、ハミングする、電話する

3.嗅覚:アロマテラピー、花、香水、新鮮な空気などをかぐ

4.味覚:ハーブティーを飲む、飴を舐める

5.触覚:人と手を握り合う、マッサージをしてもらう

③その場を切り抜ける

1.想像:別の場所にいる自分、すべてがうまくいっている場面を想像する

2.祈る:神に祈る

3.リラックス:ゆっくり呼吸する、腹筋に力を入れて抜く

4.移動:外に出かける、家の中の雰囲気を変える、早足で散歩をする、腹式呼吸をする、膝の屈伸運動をする、その場で体操をする、足でリズムをとる

5.激励:自分を励ます

興味が持てる方法はありましたか?

快適な睡眠のためにできること

身体面でご相談の多い「不眠」

今日は、簡単にできる睡眠のコツについて記載します。

睡眠時間は皆それぞれ違いますので、何かと比べて短い・長いと焦る必要はありません。

あなたが満足し、すっきりして起床後に活動できるのであれば、どれぐらいでも構わないと個人的には考えております。

ぐっすり眠ると、目覚めが気持ち良いですよね。

それでは早速、快適な睡眠のコツを16個ご紹介します。

①〜⑮までは※からの引用、

⑯〜⑰は当サロンのお客様にお伝えし、効果を感じられたとご報告があったものです。

①自分にあった睡眠時間があります。時間にこだわらないようにしましょう。

②日中の適度な運動は眠りを助けます。軽いストレッチを日常生活に組み込むようにしましょう。

③食事を規則的にとりましょう。

④昼寝は20〜30分以内にしましょう。

⑤夜は軽い読書・音楽・香りなどでリラックスしましょう。

⑥睡眠の1〜2時間前に、ゆるめのお風呂にゆっくりつかる。

⑦就寝4時間前からカフェイン、1時間前から喫煙は避けましょう。

⑧寝酒はやめましょう。

⑨寝室は暗く、静かに、適温にしましょう。

⑩自然に眠くなってから寝床につきましょう。眠ろうと意気込まないでください。

⑪床に入ってからは、メールチェック等何もしないで眠るようにしましょう。

⑫起きたら日光を浴びて、身体のリズムを調整しましょう。

⑬夜中に目が覚めても時計は見ません。プレッシャーをかけないようにするためです。

⑭眠れないのであれば、睡眠時間を予め短めに設定してみる。徐々に長くしていく。

⑮①〜⑭を試しても眠れないときには、医療機関に相談しましょう。

⑯就寝前に10分瞑想をしてから、寝床に入ってみましょう。

⑰就寝前に5分間、自分で自分を抱きしめて、肯定的な言葉をかけてみましょう。

 

※大野裕(2011)「はじめての認知療法」講談社現代新書p218〜221

アイスクリームが精神面に影響する?

暑くなってくると、飲み物に氷を入れたり、アイスクリームが食べたくなりますね。
より豊かに生きるのに、食べ物の楽しみは大切です。
今日は冷たい物の摂り方についてのお話です。

実は、人体はまだ凍った物を食すのに慣れていません。
家庭用の冷凍庫が登場したのは1960年代〜と最近なのです。

食物が胃に入ると、消化しようと胃大腸反射がおこります。
冷たいものは特に刺激が強く、お腹が空いたかのように勘違いしてしまいます。
真冬でもファミレスで氷水が出されるのは、食欲を上げる為なのです。

慣れない氷を何度も消化させたり、
必要な量よりも食べ過ぎてしまい身体に負担をかけ続けると、
精神面にも影響か出てきます。
身体が怠くなり、つられて気持ちも怠くなります。

楽しみは健康に不可欠なので、
大好きなアイスクリームやアイスコーヒーを断つ!まではしなくて良いかと思います。
ですが、24時間働いてくれる大切な身体とは仲良く付き合いましょう。

アイスクリームを食べた後、温かいドリンクを飲む。
ファミレスで氷水を提供されたら直ぐに飲まず、口の中で一度温めてから飲む。

できることは沢山あります。

食物と心はとても繋がっています。
水分の摂り方を変えてもらった所、
睡眠の質が向上し、落ち込みにくくなったケースもあるんですよ。

当サロンは精神的なお悩みの他に、体調や食生活を質問する時があります。

カウンセリングに来店され、食生活まで質問されるのは驚かれるかもしれませんが、どうぞご協力くださいね。

貧血と心

心の状態身体に現れます。

同様に身体の状態は心に現れます。

今日は女性に多い貧血(鉄欠乏性貧血)と心の関係について書かせてください。

血液中のヘモグロビンが減少し、全身が酸素不足で酸欠状態となっている貧血。

めまい・立ちくらみ・疲れやすさ・動悸・息切れなどの身体症状が現れます。

 

貧血改善には食生活の見直し、鉄や栄養素の摂取が大切ですよね。

 

心の状態はどうでしょうか?

貧血をお持ちの方とお話しをすると、

「1日をなんとか生き抜くだけで精一杯で、自分のやりたいことや、求めていることを果たすエネルギーなどない」と感じている方が殆どです。

また、失敗感や圧倒される感じ、無価値観といった課題へのエネルギーロスが大きいと感じます。

食生活を改善しても変化を感じられない方、長年貧血でお悩みの方、

それは身体からのあなたへのメッセージです。

過去に感じた無価値観などを、今も解決せず持ち続けてはいませんか?

鬱っぽい、感じは酸素不足からかも?!

冬場は暖房はガスや灯油を使うため、酸素が薄くなりますね。

また最近の住まいは、断熱材などの普及で室内の気密性が高くなっています。

こまめな換気や、1~2時間に一度は外出などされていますか?

酸素が薄くなると呼吸が浅くなります。

そして、呼吸が浅くなるとリラックスしづらくなります。

 

とは言っても、せっかく暖めた部屋を1時間ごとに換気するのは手間ですし。

また仕事によっては、外出できないですよね。

ビジネス 椅子 休憩 スペース リラックス 屋内 室内 植物 観葉植物 テーブル 壁 机 赤 額 ボード 緑 会社 打ち合わせ オフィス テキスト コピースペース 接客 事務 デスク ミーティング 会議 ホワイト 休息 背景 大型 癒し カーペット チェア 背もたれ 座面 照明 コピー 無人 落ち着き 落ち着く 優しい 来客 余白 天井 テレビ 静か バックグラウンド 文字 背景素材 穏やか 蛍光灯 人物なし 人物無し イメージ 静けさ 雰囲気 壁掛け 落ち着いた 時間 バック 空白 やさしい やすらぎ やさしさ 液晶 白板 テキストスペース 文字スペース リラクゼーション LED 静寂 安らぎ インドア いやし 企業 会議室 事務所 ホワイトボード 瞬間 優しさ 閑静 休憩時間 安らぐ 打合せ タイトル メッシュ 人なし 他社 禅 プラズマ 余白あり 人無し 自社 大型テレビ せもたれ

会社の昼休みは必ず1回は外の空気を吸う、

家にいる時はこもりっぱなしにならないよう洗濯物を干しにいくなど用事を挟んだり、と。

負担のない範囲でやってみませんか?

呼吸で心を変える

呼吸で心は変えられます!

 

私は前職で会社所属のカウンセラーとして

精神障害者保健福祉手帳を保持され、かつ離職されている方を専門にカウンセリングをしていました。

うつ病・統合失調症・パニック障害・強迫性障害・摂食障害・依存症と様々な方を担当させていただきました。

皆さんそれぞれお悩みは違うのですが、共通して見られるのは普段から呼吸が浅く、常に緊張されている状態でした。

悩む 女 女性 女子 振り向く オレンジ リゾート 両手 女の子 空 世界 景色 悩み 日常 見つめる コピースペース 自然 素材 考える 背景 海 うつむく 俯く 約束 雲 山 南国 赤紫 逆光 モノクロ 夕日 太陽 夕景 夕方 シルエット 夕焼け 影 海岸 背景素材 大空 飛行機雲 日光 茜色 日暮れ 黄昏 整然 女の人 深呼吸 未来 広げる 無限 将来 永遠 人生 整える 決心 稜線 マリッジ お姫様抱っこ リゾート地 防波堤 踏み出す 一歩 チュー 異世界 非日常 決意 初々しい ロマンス 若夫婦 呼吸 茜 どこまでも 現実 ロマンチスト いつまでも 非現実 契り 桑楡 整然と デコキス

毎朝5分間深呼吸だけに集中する時間を持ち、気持ちを整えましょう、落ち着きますよとお伝えするのですが、

「呼吸だけで、そんなに落ち着くはずがない。」

「そんなことで良くなるはずがない。」

と言われるのが殆どでした。

それはそうですよね。

何の保証もないのに呼吸法ひとつで?!って思うのは当然です。

でも、実行して損はありませんよ。

 

身体は素晴らしく、本当は薬に頼りきらなくても治す力があるんです。

身体の不調も、気持ちの不調であっても、です。

服薬を否定しているわけではありません。

本当に辛い時は、上手に薬に頼れば良いと思います。

ただ、薬がないと生活できない、生きていけないと決めつけて、あなたの自己治癒力を見下さないようにしてもらいたいと思っています。

食事とメンタル

栄養バランスのとれた食事は身体にとって大切ですね。

実はメンタルにとってもかなり大切なんですよ。

 

初回問診時に朝昼晩は何を食べていますか?

1日の飲水量は?

とサロンでは細かく聞いております。

カウンセリングでそこまで聞くの?と質問を受けることもあります。

 

なぜかと言うと

体内にミネラルが欠乏すると、感情が揺れやすく不安定になりやすいから。

ビタミン類が不足すると、愛されている感覚が感じにくくなるから。

だからと言って

いきなり、明日から食生活を全て変える!

なんて頑張り過ぎても続かないですよね。

 

まずは1つだけ変えてみましょう。

食卓塩をやめて、天然塩にする

(食卓塩はパラパラとして使いやすいのですが、ミネラルが加工時に取り除かれています。)

とか

ヨーグルトに入れる白砂糖をハチミツにする(ハチミツはミネラル豊富です)

はどうでしょう?

これなら簡単ですよね。

過去のお客様では毎日の飲み物をペットボトルのお茶から天然水に変えただけで、イライラしにくくなった方もいらっしゃいます。

 

「好きだけど嫌い」食べ物への二重思考

食べるのは楽しいから好き、でもダイエットや美の敵!

食べ物に対して「美味しい・楽しい」ポジティブイメージと同時に「太る材料・醜くなる」とネガティブイメージ

 

私は高校生の頃きれいになりたくて、でもお腹も空いていて、常にカロリーとの闘いでした。我慢できずにお菓子を食べる時は必ず成分表をチェックしていました。

皆さんはどうですか?

食べ物は身体を健康にしてくれたり、楽しみを与えてくれたりするものです。

身体だって何でもかんでも食べた物を蓄積するわけではありません。

身体は賢く、必要なものは蓄え、不要なものは排出する力があります。

「好きだけど嫌い」は身体や心に負担がかかります。相反する感情が同じ場所にあるからです。

食べ物以外についてもです。

食べ物は敵ではなく、味方。敵意を持たなくて大丈夫。

あなたの身体もあなたの味方。身体のことで人と比べたり、悪いイメージを持たなくて大丈夫。そのままで既に素晴らしいです

必要以上に脂肪を溜め込んでいる方は、心配性かも?!何かあった時の蓄えがないと!と心の深い部分で思い込んでいるかもしれませんね。

考え方は変えられます。考え方が変われば、見た目も表情も変わります。

眼の不調が伝えたかったこと

Aさん(30代男性、サービス業)

※ご本人より掲載許可済です。

 

ここ数ヶ月目ヤニがすごく、眼科の目薬で症状は軽くなるも完治せず。

細菌やウイルス感染はなく、アレルギーでもなく。

職場で周りの方からも心配されるし、接客にも差支えが。

ストレスが原因?!と気になり、来店されました。

 

体内リーディングをさせてもらうと、

一生懸命走っているAさんの眼が飛び出ており、

眼を支えるために周りの皮膚や筋肉がぎりぎりまで頑張っている映像が見えてきました。

その眼は目的地を見ることに精一杯で、Aさんの心を見ておらず

ご自身を無視している様子が感じられました。

 

リーディング内容をお伝えすると、

目ヤニに悩み始めた頃、希望先へ転職したこと。

新しい業務を早く覚えようと夜遅くまで働いている。

月給制から歩合制になり、金銭面の不安。

不安から仕事に打ち込み、気持ちなんて後回しだったとお話ししてくださいました。

 

なんでもバランスが大切だと私は思います。

外面(情報収集、行動など)と

内面(自分の感情、気持ち)。

Aさんには1日1回ご自身の感情を大切にする時間(自分の気持ちを日記につづる、10分間リラックス瞑想をする)を持つようにしてもらい、

この日は身体のエネルギーフィールドを癒すヒーリングをさせていただき、帰宅されました。

 

ご自身の感情を大切に扱うようになってから目ヤニが落ち着きだし、

仕事や勉強を頑張り自分を後回しにしすぎる癖は現在からでなく、

幼少期のある悲しかったエピソードから作り上げてしまったことを思い出し、

もう自分をないがしろにするのはやめると決められたそうです。

自分を大切にしたことで余裕ができ、堂々とお客様に商品説明ができるようになったとご連絡をいただきました。

 

素敵なエピソード、ありがとうございました。

 

はじめての方向けの瞑想会はこちら》》》

心理カウンセリングを受ける方に必要なものとは?  9月19日のご予約について

心理カウンセリングを受けられる方は、体力やエネルギーが必要です。

サロンまで来所し、ご自身のことを話したり、カウンセラーの質問を考え答えたりと、やることがいっぱいあります。

悩みを解決するための体力・エネルギーが十分にあれば問題ないのですが、心身共に疲れ切っており、来所で精一杯の方もいらっしゃいます。

そのような方は、身体を温め血流を改善するなど身体そのものを整えたり、身体を包むエネルギーフィールドを修復してからカウンセリングに入ると効果的です。

「相談したいが、疲れていて最後まで話せないかもしれない。」「解決したい気持ちはあるが、話す気力がない。」とご相談をいただくことがありますが、

スピリチュアル心理カウンセリングは話すのみではないのでご安心ください。

9月19日(火曜)に東京の青山にてエネルギーフィールドを修復させる手技の勉強会に参加してきます。

講師の方や受講生との出会い・今後勉強した手技が活かせると思うと、楽しみです。

そのため、19日はスピリチュアル心理カウンセリングは予約できません。

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

 

ヒーリングサロンLechst

群馬県伊勢崎市今泉町1-9-1アリス今泉102

Tel 080-7960-0931(電話受付10-20時まで)

ホームページhttp://lechst.link/