お母さんが重い・・・と感じたら

こんなことはありませんか?
お母さんに・・・
☑会うのが気が重い
☑会った後に落ち込む、疲れる
☑機嫌をとってしまう
☑電話がくると嫌だ
☑子供だから関わっているだけ

もし当てはまるなら、お母さんとの距離が近すぎる可能性があります。

距離が近すぎると別の人格であると尊重できず、
お互いの課題に深く入り込みすぎてしまいます。(課題:寂しさや怒りなどの感情や、「人生が不満だ」などの考え方のこと)

入り込みすぎると、お母さん自身の課題まで背負い重く感じてしまうのです。

課題を背負うのは、優しさからの行動であるし、愛があるからこそできることですね。
素晴らしいし、美しいと思います。

しかし、それはイコール課題を奪い、お母さんが成長する機会を潰しているのです。
これを共依存といいます。

お互いが心地良いなら、そのままで構わないと思います。
この関係が良いとか、悪いとかではありません。

でも、
もし苦しいなら本来の距離に戻してほしいと思います。

あなたの優しさや愛からお母さんの課題を背負い始めたはずなのに、
いつの間にかお母さんが重かったり、
会いたくなくなったり、していませんか?
勿体無いですよね?

本来の距離に戻すと、それぞれ自分の課題は自分でするようになるので、一緒にいても疲れなくなります。
疲れないので、関係が良好になりやすいです。

本来の距離に戻すには、
「お母さん自身の力を信じる」「自分自身の力を信じる」がポイントです。

「お母さんは課題を解決する力があり、自分が代わりにやってあげなくて良い。」
「自分は課題を解決する力があるので、お母さんに代わりにやってもらわなくて良い。」にしていくのです。

お母さんが変わるはずなんてない…と落ち込まなくて大丈夫。

まずは自分の変化です。
周りも変化したあなたに合わせ、変わらずにはいられないのです。

今回は、
「母との関わり」について書きましたが、お母さんを子供や恋人に置き換えて読んでいただいても良いかと思います。

素晴らしい方と出会うのはなぜ?

先日は、苦手な方・苦手な性質について書きました。
今日は、反対のことを書きます。

とても
優しい
元気
親切
明るい
愛されている など
素晴らしい性質を持った方を見て、
どのように感じますか?

素晴らしいと感じた性質を、実はあなたも持っているのです。
そう言われて、どんな感じがしますか?

あなたの中に同じ素晴らしい性質があったので、感じることができたのです。
ないものは感じられません。

誰かを素晴らしいと感じた時、それに比べて私は…なんて思わないで良いのです。同じものがある自分自身もとても素晴らしいですよね。
あの人も素敵、私も素敵。

素敵なあの人は、
実はあなたが自分自身の素晴らしさに気がつくよう現れてくれた存在なのです。

苦手な方と出会うのはなぜ?

生活の中で沢山の方と出会いますね。
好きな方、そして苦手な方も。

苦手な方の「ここが嫌」という部分は、実は自分の許したくない部分です。

自分の中にある「ワガママな私」という部分が許せないと、
ワガママな行動をしている他人を見ると、
許せない・苦手だと感じます。

許したからといって、あなたかワガママな人物になってしまうことはありません。ワガママな人に出会ってもイライラしたり苦手だと感じなくなるのです。

苦手な方の「嫌な部分」を見た時、
ご自分の中に類似するものはないか点検してみましょう。

そんなのはない!
あの人と同じものがあるなんて!と思いたくなる気持ち、よくわかります(^^)

でも苦手なあの方は、
実はあなたが自分自身を許す為に現れてくれたありがたい存在なのです。

ご自分での点検が大変であれば、信頼できる方やカウンセラーとでも良いかと思います。