引きこもりからの脱出 田中さんのケース

今日は約10年の引きこもり生活から脱出・就職し、次回のカウンセリングをもって卒業となりましたお客様のお話です。(ご本人様より掲載許可をいただいております)

田中さん(仮名)は「引きこもりをなんとかしたい」とのご希望でお母さんと来店されました。

声が小さくアイコンタクトもほとんどなく、静かで自信がない男性という印象でした。

大学入学後、勉強の難しさから自信を失い、徐々に学校へ行けなくなり、退学され実家の群馬県に戻られました。

人からどのように思われているかがとても気になり、知り合いに会いたくないがため、毎回買い物に出かける際は自宅から離れたコンビニに行っていました。

日中のほとんどは自室でYouTube動画を観たり、家事手伝いをして過ごされていました。

それから約10年が経ち、同級生の仕事や結婚の話を耳にし、このままではいけないという焦りから就職を考えたものの、これまでのブランクやコミュニケーションスキルへの不安から行動できずカウンセリングにこられたそうです。

そこから11回のカウンセリングを実施しました。

彼は何度も「怖い」を口にしました。

「ブランクのある自分を社会は受け入れてくれない」「人から変な目で見られる」「普通の年齢なら〇〇〇をしているけれど、自分はできていない」と話していました。

彼が囚われていたのは、社会のルールや一般常識ではなく、彼が作り上げた心の中の社会という恐ろしいイメージでした。

恐ろしいイメージが先行してしまい、何も動けないのです。

カウンセリングでは何度もそこを指摘しました。

そして、過去の未消化の出来事を話してもらい、一緒に整理整頓をしていきました。

やがて彼は社会に対する恐ろしいイメージが薄らぎ、何かをやってみたいという気持ちに変化していきました。

そこで、まずはアルバイトから、彼の得意なパソコンを活かした事務補助の仕事に応募しました。

面接ではなぜブランクがあるのかをきちんと説明し、先方も理解を示してくださり勤務が開始しました。

真面目で優しい彼は勤務先でも可愛がられているそうです。

彼の目標は、現在の短時間勤務からフルタイムができるようにする、緊張して出られないお客様からの電話に出られるようにする、だそうです。

笑顔が増え、声に張りがでてきました。

勤務後3ヶ月が経過し、特に彼が問題を感じていないので次の12回目をもってカウンセリングを終了、卒業となります。

社会は思っているより、ずっと優しいです。

引きこもりから脱出し活躍される番、次はあなたですよ。

気分転換の方法

悩み続けてしまう時ってありますよね。

解決手段が出そうだったり、悩みきってすっきりするのであれば、たまにはそれも良いです。

ですが、もし体調を崩す程悩むのであればご自分の為に少し気分転換をしてあげて、一度休ませてあげませんか?

また少し元気になってから悩んでも遅くはないですし、気力・体力が戻ってからのほうが解決しそうだとは思いませんか?

気分転換の方法をまとめました。

ただし、気分転換もやり過ぎると抜け出せなくなりますので、その点は注意してください。

①その問題から離れて、気分を紛らわす。

1.活動する:読書、運動、趣味、掃除、英会話、コンサート、友達と会う、しばらく会っていない友人に電話をする

2.誰かの役に立つ:ボランティア

3.他の感情で置き換える:音楽を聴く、感動的な映画を観る

4.思考:数を数える、100から7をひいていく、足し算をする、クロスワードパズルをする、冗談を言う、ゲームで遊ぶ、コインを50枚投げて1枚ずつ数えてながら拾っていく

②心を落ち着かせる

1.視覚:花を見る

2.聴覚:音楽・ラジオを聴く、ハミングする、電話する

3.嗅覚:アロマテラピー、花、香水、新鮮な空気などをかぐ

4.味覚:ハーブティーを飲む、飴を舐める

5.触覚:人と手を握り合う、マッサージをしてもらう

③その場を切り抜ける

1.想像:別の場所にいる自分、すべてがうまくいっている場面を想像する

2.祈る:神に祈る

3.リラックス:ゆっくり呼吸する、腹筋に力を入れて抜く

4.移動:外に出かける、家の中の雰囲気を変える、早足で散歩をする、腹式呼吸をする、膝の屈伸運動をする、その場で体操をする、足でリズムをとる

5.激励:自分を励ます

興味が持てる方法はありましたか?

まずは決断、決断力

あなたの夢はなんですか?

・心身ともに健康になること?

・旅行に行くこと?

・お金を得ること?

・素敵なパートナーをみつけること?

どのようなことでも構いません。

教えてもらえますか?

なるほど、あなたの夢は「〇〇〇〇。」ですね。

それでは、それをどのように現実化させましょうか?

夢のままでは終わらせたくないですよね。

現実化には、まずは決断です。

お金があれば旅行ができるのに、

人脈があれば起業できるのに、

出逢いがあればパートナーができるのに…と

最初に条件をつけて諦めたり、お金や人脈ができるのを待ってはいませんか?

 

条件が揃った後に夢が現実化するのではなく、

まず夢を現実化させると決断、

そうすると意識が変化し、夢に向けて行動がはじまります。

 

お金があれば北海道旅行に行けるのに…ではなく北海道旅行に行くと決断後、

旅行代や休みを得る行動をとったり、行き方が決まります。

 

人脈と資金があれば起業するのに…ではなく起業すると決断後、

人脈を作り資金調達に向けての行動がはじまります。

まずは決断です。決断しましょう。

不安でしたら後押しします。

あなたの夢はなんですか?

その夢は現実化させたいですか?

夢はあなたを待っています。

快適な睡眠のためにできること

身体面でご相談の多い「不眠」

今日は、簡単にできる睡眠のコツについて記載します。

睡眠時間は皆それぞれ違いますので、何かと比べて短い・長いと焦る必要はありません。

あなたが満足し、すっきりして起床後に活動できるのであれば、どれぐらいでも構わないと個人的には考えております。

ぐっすり眠ると、目覚めが気持ち良いですよね。

それでは早速、快適な睡眠のコツを16個ご紹介します。

①〜⑮までは※からの引用、

⑯〜⑰は当サロンのお客様にお伝えし、効果を感じられたとご報告があったものです。

①自分にあった睡眠時間があります。時間にこだわらないようにしましょう。

②日中の適度な運動は眠りを助けます。軽いストレッチを日常生活に組み込むようにしましょう。

③食事を規則的にとりましょう。

④昼寝は20〜30分以内にしましょう。

⑤夜は軽い読書・音楽・香りなどでリラックスしましょう。

⑥睡眠の1〜2時間前に、ゆるめのお風呂にゆっくりつかる。

⑦就寝4時間前からカフェイン、1時間前から喫煙は避けましょう。

⑧寝酒はやめましょう。

⑨寝室は暗く、静かに、適温にしましょう。

⑩自然に眠くなってから寝床につきましょう。眠ろうと意気込まないでください。

⑪床に入ってからは、メールチェック等何もしないで眠るようにしましょう。

⑫起きたら日光を浴びて、身体のリズムを調整しましょう。

⑬夜中に目が覚めても時計は見ません。プレッシャーをかけないようにするためです。

⑭眠れないのであれば、睡眠時間を予め短めに設定してみる。徐々に長くしていく。

⑮①〜⑭を試しても眠れないときには、医療機関に相談しましょう。

⑯就寝前に10分瞑想をしてから、寝床に入ってみましょう。

⑰就寝前に5分間、自分で自分を抱きしめて、肯定的な言葉をかけてみましょう。

 

※大野裕(2011)「はじめての認知療法」講談社現代新書p218〜221