カウンセラーの選び方

心の相談をしたいとき、まずはカウンセラー選びをします。カウンセラー選びから、セラピーはすでにはじまっています。

どんなカウンセラーを選んだらいいの?という問題がありますね。

ご自身の重要な相談をするので、信頼できる人に出会いたいと思うのは当然です。しかし、カウンセラーというのは名称独占資格ではありません。極端を言えば、何の勉強もされず無資格でカウンセラーと名乗って仕事をすることも可能なのです。

そこでカウンセラーを選ぶポイントをこのブログに記載しようと思います。


①経歴・資格

資格は基礎的な知識とスキルの目安になります。また、カウンセラーとしての経歴も判断材料になるでしょう。

しかし、心に関する資格や数えきれないほどあり、公共性の高い公認心理師や臨床心理士・産業カウンセラーや、様々な国内外の民間資格もあります。

不安でしたら、公共性の高い資格を持っているカウンセラーを選びましょう。

ただし、資格はあくまでも基礎知識の有無を示すだけですので、資格=能力があるわけではありませんし、能力があっても相性が合わないと感じられる場合もあるでしょう。


②顔写真・本名を出している

個人開業のカウンセラーに限ってのポイントです。

安心してご相談に来ていただくため、多くの個人開業のカウンセラーはホームページに自身の顔写真を出しており、本名で活動しています。

ただし、別の仕事との兼ね合いで顔写真や本名を出せない場合もありますし、意図的にビジネスネームで活動しているカウンセラーもいます。


③あなたの感覚

実際に話してみて、受容される感じや信頼感はありますか?なければ意味のあるカウンセリングにはならないかもしれません。

ポイントはただ心地よいか否かではなく、ご自分の癒しと成長のために本当に適切な人かを、直観で感じ取るということです。厳しいと感じられても、そのほうが成長のためにはよい場合も少なくありません。直観を働かせて気づき、直観の声に従ってください。

大丈夫?そもそも心の疲れに気づいている?

自己評価が低く、

他者に気を使いすぎていたり、

誰かに依存したり、

社会の要請を過大視しすぎる方は、

ご自身を外部に明け渡してしまっています。

自分が何をしたいのか、

欲求にすら気づかなくなっていることもしばしばです。

 

こうなると、

仮に他者の評価を得たり、社会的に成功したとしても、

心の根底を失っているので、心は満足せず、

気力もなく疲れ切っているでしょう。

ひどい場合には自分が疲れ切っていることにさえ気がつかず、

さらに外部に適応しようと努力し続けていたりします。

 

思い当たる方は、

ぜひ下記の「ゲシュタルトの祈り」を声に出してみてください。

繰り返し言葉にすることで、心の奥深くに染み込んできます。

ゲシュタルトの祈り

私は私のことをします。

あなたはあなたのことをします。

私は、あなたの期待に添う為に生きているのではありません。

そして、あなたもまた、私の期待に添う為に生きているのではありません。

あなたはあなた、私は私です。

でも、もし私たちの心がたまたま通い合ったなら、それは素晴らしいことです。

もし通わなかったとしても、それは仕方のないことです。

メンタルの強い人、弱い人の違い

メンタルの強い人、弱い人の違いは何だと思いますか?

メンタルが強い人のイメージは、自分の悪口を言われても落ち込まない、仕事を失っても前向きに就職活動を開始できる、恋人と別れても次の恋人を探したりひとりの時間を楽しんだりできている。

メンタルの弱い人のイメージは、自分の悪口を言われると落ち込んでしまう、仕事を失うと焦りパニックになる、恋人と別れると悲観的になる。

こんなイメージでしょうか?

実はメンタルの強さは皆一緒だと思います。

強い人弱い人の違いは何かと言いますと、

強い人は外側(仕事、肩書、お金、恋人、友人など)がどんなに変化しても、自分の価値は一定で同じだというのを知っています。弱い人は外側が変化すると自分の価値も揺らいでしまいます。

また、強い人は自分のダメな部分やできない部分を許しています。何かに失敗した時に反省はしますが、自分を必要以上に責めたり攻撃したりしません。弱い人はダメな部分やできない部分の存在を許していませんので、失敗した時に自分を責めて攻撃し続けるのです。

上記2つだけが違うと感じています。

もし、あなたがメンタルが弱いと感じているなら

①どんな自分でも価値があると認める。

②うまくいかない時に責めない。するのは反省だけ。

を意識してみてくださいね。

心が変わったら、物も変えよう

考え方が変化すると、感じ方も変化します。すると、服装やインテリアなどの好みもつられて変化します。

好きな物をそばに置き、自分の為に心地良い環境を作ってあげるのもメンタルセルフケアの一環です。

どうでもいい服を着ている時と、素敵な服を着ている時の気持ちは違いますよね。環境や物からも私達は様々な恩恵や影響を受けています。

物は大切ですが、役立ててこそ、使ってこそです。

お持ちの物が好みでない、好きでなくなったと感じたら、思いきって手放してみませんか?

「気付く」って大切

「自己評価が低い」「自尊心が低い」とご相談いただくことが結構あるのですが、それに気がつけるのは凄いと思いませんか?

気がつけるのは、本来の自己評価や自尊心からずれていると認識できているからです。

それはあなたの心の中にご自分を幸せに導く力があるということ。

気がつかなければ、それを今後どうするか決めることはできませんね。

気がついた時「自己評価が低いな。だから私は駄目なんだ。」と責めずに「気がつけて良かった。」とご自身に優しくしてあげましょう。

台風12号による営業について

台風12号が明日28日に関東に接近するようです。

サロンは通常営業しておりますが、
電車や運転が気になるお客様は日程についてご相談くださいませ。

まだまだ暑い日が続き、
熱中症予防にポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲まれる方は多いと思います。

スポーツドリンクには、
緩下作用や胃酸過多の原因となる人工甘味料が入っています。

予防には良いのですが、
体調を大きく崩し、吐き気や下痢をしている時には避けましょう。
また胃腸への負担を考え、飲み過ぎも気をつけてくださいね。

簡単スポーツドリンクのレシピ

材料:
・ミネラルウォーター1リットル
・砂糖大さじ4
・レモン汁大さじ1〜2
・塩小さじ1/2

作り方:
材料を混ぜ合わせて終わり。
砂糖が溶けにくいなら、最初に少量のお湯で溶かしてから混ぜ合わせてください。
レモン汁をポッカレモンにするとさらに簡単になります。