レシピ:スリープミスト

毎晩気持ちよく眠れていますか?

もしも

・生理前にイライラしたり落ち込んだりで、なかなか寝付けない、もしくは寝すぎてしまう。

・40代女性。

・寝ても気持ちがスッキリしない。

のであれば、これからご紹介するレシピはお役に立てると思います。

本日ご紹介するレシピは女性向けのスリープミスト(ピローミスト)

ミストを就寝前に寝室や枕にスプレーし、心地良い睡眠を取りましょう。

フローラル系のやさしい香りです。

お客様よりスリープミストを使用するようになり、寝酒の量が減ったとのご報告もいただいております。

【スリープミスト (ピローミスト)】

材料:

①ガラス製スプレーボトル

②精製水30ml

③精油(ラベンダー6滴、ゼラニウム1滴、イランイラン1滴)

作り方:

スプレーボトルに②③を入れ、振って混ぜればできあがり。

使用方法:

就寝前に枕にスプレーしたり、寝室にスプレーしてください。

快適な睡眠のためにできること

身体面でご相談の多い「不眠」

今日は、簡単にできる睡眠のコツについて記載します。

睡眠時間は皆それぞれ違いますので、何かと比べて短い・長いと焦る必要はありません。

あなたが満足し、すっきりして起床後に活動できるのであれば、どれぐらいでも構わないと個人的には考えております。

ぐっすり眠ると、目覚めが気持ち良いですよね。

それでは早速、快適な睡眠のコツを16個ご紹介します。

①〜⑮までは※からの引用、

⑯〜⑰は当サロンのお客様にお伝えし、効果を感じられたとご報告があったものです。

①自分にあった睡眠時間があります。時間にこだわらないようにしましょう。

②日中の適度な運動は眠りを助けます。軽いストレッチを日常生活に組み込むようにしましょう。

③食事を規則的にとりましょう。

④昼寝は20〜30分以内にしましょう。

⑤夜は軽い読書・音楽・香りなどでリラックスしましょう。

⑥睡眠の1〜2時間前に、ゆるめのお風呂にゆっくりつかる。

⑦就寝4時間前からカフェイン、1時間前から喫煙は避けましょう。

⑧寝酒はやめましょう。

⑨寝室は暗く、静かに、適温にしましょう。

⑩自然に眠くなってから寝床につきましょう。眠ろうと意気込まないでください。

⑪床に入ってからは、メールチェック等何もしないで眠るようにしましょう。

⑫起きたら日光を浴びて、身体のリズムを調整しましょう。

⑬夜中に目が覚めても時計は見ません。プレッシャーをかけないようにするためです。

⑭眠れないのであれば、睡眠時間を予め短めに設定してみる。徐々に長くしていく。

⑮①〜⑭を試しても眠れないときには、医療機関に相談しましょう。

⑯就寝前に10分瞑想をしてから、寝床に入ってみましょう。

⑰就寝前に5分間、自分で自分を抱きしめて、肯定的な言葉をかけてみましょう。

 

※大野裕(2011)「はじめての認知療法」講談社現代新書p218〜221

夜眠れないあなたへ

寝付きはいい方ですか?

ぐっすり朝まで眠れていますか?

もし仕事や考え事で眠れないのであれば、おすすめしたい方法があります。

就寝前にラベンダーオイルをこめかみ・眉間・咬筋に塗ってみてください。すぐに頭が緩み、リラックスするのを実感できるでしょう。オイルは目に入らないようにしてください。

(こめかみ・眉間・咬筋は↓〇部分です)

就寝直前のスマホ操作で目が冴えてしまう、そんな時に私はラベンダーオイルの原液を直接塗っています。

原液塗布NGなメーカーが多いので塗り方は販売店でご確認されるか、わかるものでしたら私の方でお答えします。