感情は取り戻せる。もう一度心から笑いたいなら③

前回②の続きです。

④【したかったことをする】
旅行や趣味など、何らかの事情でできなかったことをします。
楽しさを思い出す時間をご自分にプレゼントしてあげましょう。

⑤【子供の時に楽しかったことをする】
絵本を読む、工作をするなど、子供の時に楽しんでやっていたことをします。
④と同じく、楽しさを思い出す時間をご自分にプレゼントしてあげましょう。

どのセルフワークをされても構いません。

楽しかったことが何も思い出せなくても焦らず、責めたりしないでくださいね。

感情は取り戻せるとわかっているので、なんでできないんだろうと焦ったり責めたりしてしまうのです。
取り戻せないものなら、そもそも悩むはずもありません。

私もセルフケアワークとして、この夏は子供の時にやりたかったメダカの飼育に挑戦しようと思っています。

感情は取り戻せる。もう一度心から笑いたいなら②

前回①の続きです。

今日はセルフケアワークのご紹介です。

①【素直に感じる】
自然や空を見て、ただ感じてみましょう。草木や星の名前など知識を思い出そうと頭を働かせるのではなく、雄大さや雰囲気をただ感じて味わってください。感じる感覚を思い出していきます。

②【本格的に休む】
感情を取り戻したいと思うぐらいなのですから、身体も心も疲れているかと思います。
休んでくださいとお伝えしても、これまでの癖から身体は休憩しても、頭は忙しく休めないかもしれませんね。
それなので休むと決めたら本格的に休みましょう。
スマホやパソコンは電源を落とし、徹底的に自分を休ませるのに集中してください。

③【文通をする】
過去に沢山我慢し続けていたあなたに向けて利き手で手紙を書きます。
よく頑張っていたねと労いの言葉や、
あなたがいたから今の私がいると感謝の言葉などが出てくるかと思います。
何歳のあなたへ向けてでもできます。
幼稚園児向けなら全て平仮名で書くなど、その子がわかるように伝えてあげてくださいね。
その手紙に封をして、安心できる場所に置きます。(実際に自宅宛に郵送してもOKです)

後日手紙を受け取り、
今度は当時の自分になり、別のペンや利き手と反対の手で返事を書きましょう。
感謝の返事かもしれませんし、攻撃的な返事や白紙で返ってくるかもしれませんが、それはそれで構いません。
過去のあなたが癒されるまで、文通を続けます。

続きは明日の記事へ

感情は取り戻せる。もう一度心から笑いたいなら①

心から笑い、楽しいと感じる日々を過ごしたいですよね。

ここ最近、あなたは心から笑いましたか?

もし、
無いとか、少なくなった
と感じているのであればこの記事を通して、原因とセルフケアワークをお伝えできれば嬉しいです。

喜怒哀楽、様々な感情が心の中にありますね。
心はネガティブな感情を抑えて感じにくくし、
反対にポジティブな感情は素直に感じるなどという器用さは持ち合わせていません。

感情は繋がっています。
怒りや悲しみを感じないように我慢させすぎたり、
抑圧して理性ばかりを優先させていると、喜びや楽しさも感じにくくなってしまうのです。

これまで沢山我慢し続けてきた…そんな心当たりはありませんか?

我慢することで心の安定を保っていたかもしれませんし、仕事や対人関係がうまくいっていたかもしれませんね。

でも、もうやめてあげませんか?

感情があなたを崩壊させることはありません。
怒りや悲しみを感じても安全ですし、
喜びや楽しみを感じても批判なんてされません。

次回はセルフケアワークをお伝えします。

自転車は誰が運転していますか?

何かにコントロールされる自転車にただ座るのではなく、
自分で運転して人生の旅を楽しもうと決めた時、
当初は乗り方もわからないし、何度も転び、
つらい、苦しいと私は思っていました。

こつがわかり
力を抜いて運転できると、
いつでも好きな所へ旅に出かけ、徐々に人生そのものを楽しめるようになってきました。

まだ悩みはありますが、悩みを笑う余裕が出てきました。
深刻になりすぎません。
悩んでいる時って、眉間のシワが凄いなぁ〜って(笑)
そして必ず解決方法があるのを知っています。

変容のプロセスに入ったあなたは、
もしかすると最初はつらいような気がするかもしれませんね。
でもそれで大丈夫なんです。
個人差はありますが、皆そうなんです。
心配しないでください。
そして無理もしないでください。

あなたをサポートする為に、
本やインターネットなどの情報、
人々、
カウンセラーがいます。

ぐっすり寝て、すっきり目覚めたいなら

寝る前、あなたは何を考えていますか?

家庭・仕事・対人関係・健康・将来の楽しみ?
それとも心配事?

明日、あなたの命があるかは誰にもわかりません。
今晩寝た後、目を覚まさないかもしれません。

寝る前に、全ての持ち物(家や財産など)や心配事をイメージで手放しましょう。
あなたがしやすいイメージ方法でOKです。

手放すとリラックスして良質な睡眠がとれますし、
過ぎ去った過去やまだ見ぬ将来から解放され、今この瞬間に集中できます。

心配事は全て、過去や将来からやってきます。
「あぁ、あの時なぜこんなことをしたのかな…」と過去を後悔したり、
「このままずっと、こんな人生なのかな…」と将来の不安を感じたり、してしまうのです。


あなたが赤ん坊だった頃、明日を不安に思ったり、過去を嘆いたりはなかったですよね。
赤ちゃんの心は「今」に集中しているからです。
この心は大人になっても、なくなったりはしません。
この心の在り方を大人のあなたが思い出せば、素晴らしいと思いませんか?
大人になったあなたは、赤ちゃんの頃より沢山の知恵や経験を活かせますから。


このイメージワークは僧侶から教わりました。
お坊さんは毎日されているそうです。
私も実践中です。

決まった方法はありませんので、自由にイメージしてみましょう。
不眠症の方は勿論、毎日ぐっすり寝ている方にもオススメです。
イメージワークをカウンセラーと一緒にされたい方はサロンにご相談くださいませ。

「怒り」が怖い?

あなたは「怒り」を感じた時に、どのように心と向き合っていますか?

そのまま蓋をして、周りに悟られないように無表情を装いますか?

それとも

爆発させてスッキリ?もしくは、逆に爆発を後悔してしまう?

「怒り」という感情は、とてもパワフルですよね。

怒っている人は強く見えますし、怒りで体調を悪くする人だっています。

でも、「怒り」は本当は怖くありません。

喜怒哀楽の「喜び」「怒り」「哀しみ」「楽しみ」のたった一つの感情に過ぎません。

喜んでニコニコしている方が、怒っている状態より優れているわけでもありません。優劣はありません。

では、なぜ「怒り」が怖いのでしょう?

自分が怒るのが怖かったり、嫌だったりする方は、

「怒り」そのものが悪いと思い込んでいたり、

これまでの生活で「怒り」を表現しない方が良いと思い込んでいるのかもしれません。

また、過去の「怒り」が心に沢山溜まっていて、抱えきれない状態なのかもしれません。

自分が我慢したり相手にぶつけたりすることなく、適切に「怒り」を表現するには、

思い込みを変えたり、表現方法を知っていく必要があります。

喜怒哀楽、全てが必要な感情です。